インドネシアでお腹を壊したら

 先週末のこと、割引になっていた台湾のスナックと、マクドナルドでチキンボールなるものを食べた。チキンボールはインドネシアオリジナルメニューなのかな、とにかく辛い、四川料理やわさびなどとは少し違い口に入って数秒後にビリビリとくるとくる辛さだった。

そしてやって来ましたよ、腹痛。ヒリヒリするやつ。日本とは違いかなり長引く、破壊力が違うというか消化も排泄もしづらい感じで体からなかなか出ていかない。オフィスで「うーっ」っと唸っていたら優しいスタッフがお薬を買って来てくれました。

のり、のり言っているからなんだと思ったら薬の名前が「NORIT」で、インドネシアでお腹を壊したらまずはこれらしい。

 

f:id:shidarui:20170601154728j:plain

 

食べ物を色々トライするのもいいけど、やっぱり慣れないものは胃にくるね。

それでは皆さんはお薬の世話にならなくてもいいよう、お気をつけあそばせ。

アジア圏海外赴任者に必要な配慮

  数ヶ月間インドネシアに滞在した経験から海外赴任者に必要な配慮を考えて見た。

 まずは大前提として以下のことから

滞在経験のない人は現地の生活習慣がわからない

これです、これに尽きる。

タクシー移動が贅沢に思われたり、現地は物価や住居が安いと思われたり日本の感覚で物事を判断されがちです。

まずはタクシー移動について

東京で生活する場合、どこに行くにでも電車を利用出来ます。つまり一人で自由に行動できる。しかしインドネシアやアジアの一部の国では交通インフラが整っていない、つまり電車やバスが利用できないのです。外国人が移動する場合タクシーの利用を余儀なくされます。

さらに、タクシー移動中はよくドライバーから話しかけられる。インドネシアでは運転手と会話をすることが一般的なのか、とにかくかなりの頻度で質問されます。

「どこからきたのか?」「どれくらいの期間住んでいるのか?」「ここは気に入ったか?」など質問自体は簡単ですが、言葉があまり通じない現地ではこれが最初のチャレンジになまる、慣れないうちはストレスを抱える原因にもなる。そんな時、リラックスできる部屋があると無いではかなりの差が出てきます。

居住空間について

インドネシア都心での外国人向け家具付きのアパートの値段ですが、最低でも7万円〜です。「高い」と思う方もいるでしょうが、これが現実です。4〜5万のアパートも少なからずありますが、広さやサービス、衛生面に問題があったりするので、お勧めできません。現に私は最初5万くらいのアパートに住み、エレベーターに閉じ込められたり、虫に刺されて目が腫れたり、設備が毎週故障するなど散々な目に会いました。

しかし、そのこと以前に狭いビジネスホテルのような部屋で毎日過ごし、外に出たいが、なれない言語でのやり取りが必要になる。これがかなりのストレスになりました。このことから、室内でも快適に過ごせる十分なスペースが必要です。

4〜5万のアパートを選択するくらいなら、Kost(コス)と呼ばれるシェアハウスを選択する方が良いと思います。 

現地の物価について

現地の人にとっては非常に望ましくない状況だとは思いますが、私の生活費を考えた場合、食費(時々日本食)、通信費などは日本より多少安いが、そう極端に違いはありません。それに比べ人件費、地域の最低賃金やタクシー代などはかなり安いです。一部の市場を除いて人材は買い手市場になっています。海外の企業が働き手を求めてやって来るのはそれが理由ですが、物価に人件費があっていない現地の人たちを考えると肩身が狭い思いもあります。特にインドネシアでは、輸入品に高い関税がかけられている為、日本の方が普通に安く変えたりします。シンガポールの免税店に買い出しに行く人も多いとか。

そのようなことから、決して全ての物価が安い訳ではありません。むしろ現地の人が生活できるように安く食べられる屋台があるだけです。

 

企業となると海外赴任手当について議論されることもあると思いますが、好きな飲食店もない不慣れな場所で、生活しようとすると最初は必要以上にお金がかかってしまいます。情報が不足している為、値段のよくわからない店に入って思った以上に高かったり、タクシーでぼったりにあってしまったり、そう言うことが日常的にあります。

そのような理由から、生活コストが日本以上かかってしまうことがあり、会社からのサポートが重要になります。損した分だけでも手当でまかなえれば仕事に対するモチベーションがかなり変わります。

仕事をする上で大切な事

ポジションを明確にする事

日本人がアジア圏に赴任する際、少なくともマネージャーやリーダー的な仕事を任されることが多いと思います。しかし仕事の内容がマネージメントであっても日本側との兼ね合いで明確にポストが与えられない場合、赴任者は現地の期待と日本からのミッションに挟まれ大変な状況に陥ります。

変化する現地で裁量が振れないストレスは、かなり大きなものです。より正確な情報が現地にある場合は特に赴任者に明確で適切な裁量が必要となります。

 

他にも気づいた点を追記していきますが、大切なスタッフを現地に送り出す企業の方々の参考になれば幸いです。

 

 

スカルノハッタ国際空港で呼び込みのタクシーに乗ってはいけない

 悔しいから何度も書くよ。

スカルノハッタ国際空港で、ターミナル移動でタクシーを使ったらぼったくられた話。

5分くらいの移動で運転手の請求は40万ルピア(約3400円)、通常だと200円くらいの運賃のはず。

 

ターミナル移動は無料のシャトルバスを利用しよう。

上の階のロビー外にShuttleBusの看板が出ているから、そこで待っていればいい。

 

市街地へ移動するのであれば、空港のタクシーカウンターで料金を聞いて手配するか、Uberを利用した方が安全だ。

 

ボッタクリにお金を使ってはいけない。

真面目なドライバーにチップを多く払おうぞい。

 

 

スカルノハッタ国際空港でターミナル移動にタクシーを使ったらぼったくりだった

f:id:shidarui:20170523222949j:image

 ジャカルタ、スカルノハッタ国際空港に着いて、携帯SIMをチャージしようと構内のCENTRAL CELLULARに向かう。が、さっそくトラブル。手続きは完了しているがインターネットがつかえない。

 

店員さんがキャリアのTELKOM SELに問い合わせてくれている。

 

店員さんいわく三ヶ月利用しない使えなくなるらしい。私の場合はまだ二ヶ月のブランクだからまだ使えるはずだと。

 

しばらくして使えるようになったが、国内線のフライト時間まで1時間を切っている。いつもは、無料のシャトルバス(上のフロア発)を利用するのだが、時間が無かったのでタクシーを拾ったが、これが失敗。

 

ぼったくりでしたね、はい。

インドネシアはタクシーが安い(初乗り70円くらい)ので今回は200円もしない距離のはず、だが運転手は4000円近く請求してくる。

 

参ったね、そして時間がない。

さして、ぼったくりのくせになかなか引き下がらない、で、結局3000円近く払いました。

 

はぁ〜、悔しい。

スラバヤは、いい運転手が多いから油断してた。ジャカルタは違うのか?

 

おまけ

下はCENTRAL CELLULRの料金表。5Gのデータのみのチャージで1600円くらいだら、日本のMVNOよりすこし安い感じかな。

 f:id:shidarui:20170523222949j:image

 

おまけ2

スカルノハッタ国際空港のWIFIだが、以前は広告表示の後、誰でも接続できたが、いまはSMS認証が必要になってしまった。ローミングを利用するか、現地のSIMがないとSMSを受信できない。ちょっと不便になった。

f:id:shidarui:20170523222949p:image

JALの機内Wifiサービスを利用してみたよ(国際線)

  JAL国際線の機内Wifiサービスをとうとう使ってみた。

空の上なう。

 

前から気にはなっていたんだけど料金的に遠慮していた。が、今回は使ってみて感想をブログに書いてみようと思う。

 

さて機内Wi-fiサービスの料金は2017年5月現在以下の通りだった。

JALカードで決済すると10%の割引があるらしい。

1時間 $10.15

3時間 $14.4

24時間 $18.8

 

利用手続きは簡単で機内のマニュアルに書かれているが、少し説明すると

1. Wifiアクセスポイント「Japan Airlines」に接続

2. ブラウザを立ち上げると専用ページが表示される。

3. 専用ページからアカウントを作成する(Hot Spot)

4. 専用ページでプランと決済方法を選択し手続きが完了すると接続される。

今回はVisaカードで決済した。

 

さて、一番気になる速度の話です。

何度か計測した結果250kbps前後でした。

この速度だとゲームや動画の閲覧はちょっと厳しい、しかしチャットやメール、ネットの閲覧くらいであればいけますね。

f:id:shidarui:20170523140724p:image

インドネシアでオンラインクレジット決済に失敗したら

 インドネシア国内線の航空券を購入するとき、度々クレジットカード決済に失敗する。今回の滞在中もスラバヤ→バリ行きのチケットを購入中エラーに遭遇した。

利用したサイトは tiket.comというインドネシア大手の国内旅行サイト。国内旅行サイトは他にもnusatrip.comなどが有名だ。nusatrip.comでは過去にジョグジャカルタ行きの航空券を購入した事があったが、今回はエラーで利用できなかった。

 

さすがにこれは不便なのでtiket.comのサポートに問い合わせる事にした。サイトに設置されているチャット機能で直接問い合わせる事が出来る。運良く英語対応可能なスタッフに繋がったのでエラーの内容を告げる。するとどうやらカード番号をセキュリティのホワイトリスト(利用許可リスト)に追加する必要があるらしい。さっそく指定された通り、パスポートの写真のページと、カード番号を一部伏せた写真を送った。

そして翌日にはホワイトリストへの追加完了の案内が届いた。めでたし

 

インドネシア国内のチケット手配やホテルの予約に不便を感じている方がいたら、ぜひためらわず、カスタマーサポートに連絡してほしい。

 

それでは良い旅を

 

if you got error about credit payment in indonesia domestic credit payment.

When purchasing a flight ticket on Indonesia domestic flight, it often fails credit card payment. I tried to purchase a ticket for Surabaya -> Bali for during my stay.

But I got error. I used domestic travel site of Indonesia as tiket.com. domestic travel sites are nusatrip.com famous too. but I already experienced errors many times at nusatrip.com.

This time I am staying in Indonesia. I contacted tiket.com customer support to resolve inconveniences later. Customer support reply to me "send your passport and credit card picture for add a card to the security whitelist (permission list)".

I immediately sent it to the designated destination, and it came to inform that it was added to the whitelist the next day.


If someone feels inconvenient for arranging tickets in Indonesia, please do not hesitate and contact customer support.