インドネシアの日本と異なる光景

 インドネシアの日常に見る日本と異なる光景を書いて見る。

 

まずイスラム教徒が大半を占める国だから、ヒジャブを被った女性たちが多い。30度近い暑さでも平気そうだからすごいと思う。

 

続いて、ビルや店舗で働いているスタッフの数が多い。店舗には日本の二倍くらいの店員が待機している。オフィスビルやモールなどでは、エントランスやトイレ、エレベーターに専属がスタッフがいる。しかも若い人の割合が多い。人口の平均年齢が29歳と若いから。

 

渋滞、これは何度か取り上げているが、渋滞の中での運転もすごい。タクシーにバイクが平気でぶつかるが、御構い無しで進む。

 

交通量の多い道を横断する人。かなりの交通量の中でも手を挙げ道路を平気で横断する。そうでもしないと歩道がほとんどないから、反対側に渡れない。整備して欲しい。

 

スコールのような雨から洪水に。雨季、急にまとまった雨が降ることがある。30分くらいで止む時はいいのだが降り続くと道路が冠水し普段より酷い渋滞になる。そんな時はタクシーもUberも捕まらない。

 

お釣りを持っていないタクシードライバー、または行き先がわからないまま出発してしまうドライバー。こういうドライバーに当たると必ず支払いで損をする。そして何度か書いたがこちらのドライバーはおしゃべり好きだ。

 

朝4時くらいから始まるコーラン?お祈りの放送。目がさめるときがある。

 

なんか悪いようなことばかり書いてしまったが、タクシードライバーも店の店員もフレンドリーで日本とは異なるコミュニケーションが楽しめるから、いい国だと思う。

外国で豊かに暮らす事について

 インドネシアでの生活も早いものでもうすぐ二ヶ月になる。
生活のパターンもできて、言葉も少しわかるようになった。
現地や人に慣れてきたということなのだろう。

しかし一方で東京での生活に感じていたような豊かさを、まだ見つけることが出来ないでいる。
自分が日常に求めている豊かさとは何なのか、良い機会なので考えてみる事にした。

 

周囲に自己を表現できる事

これは自分の考えや関心について周囲に対して自由に伝えることができるということだろう。
周囲の人と考えを共有することで広がる世界に対して豊かさ、または貧しさを感じること、それが必要だと思う。
言葉の自由さが必要だ。

未来に計画を持てる事

住んでいる場所が変わると、そこから派生する自分の未来も少なからず変化する。
その中で自分が望むこと、望まないことを考え、整理することが必要だ。
ここで何をして、どこに向かうのか、それを考えることで今するべき事がわかってくるはずだ。

周辺環境を自分で変えられる事

住んでいる場所が気にいるか、気にいらないか。それを自由に選択することが外国に来ると最初はできない。
街のことを知って、自分で選択できるようになることが必要だ。

最先端を感じる事

日本、主に東京では、これまで考えられなかったカルチャーが当然生まれ、世界的に受け入れられたりする。
これは自分が住んでいる場所に、自信や期待、希望を感じることにつながる。
何か、これまでなかったことの中心、最先端に身を置けることは、それだけで充実感をもたらすものなのだ。

 

以上、外国での暮らしに慣れてきたときの参考として読んでもらえれば幸いである。

ciputra world のbentoya

f:id:zenmai-kingdom:20170304213458j:image

今日はスラバヤの高級モールciputra world にあるbentoya 「べんとうや」に来てみた。和風レストランのわりには値段が安い。今日頼んだのは、照り焼きチキン弁当、味噌汁、煎茶、抹茶だ。お茶と言えばノンシュガーの煎茶が出てくる。べんとうも日本的な味つけで美味しい。(まだチキンしか食べていないが)



f:id:zenmai-kingdom:20170305144443j:image

インドネシアのコンビニ alfa mart がいろいろ充実している

f:id:zenmai-kingdom:20170304201227j:image

インドネシアのコンビニ、alfa mart で時間を潰すことが時々ある。場所にもよるが、電源やフリーwifi、日本食の屋台なども設置されていて充実している。indo maretと同じで、レジに聞くと、ここでもsimのチャージが出来た。

f:id:zenmai-kingdom:20170304201211j:image