スラバヤ物語 - The story of Surabaya -

インドネシアのスラバヤに滞在している日本人の日々の記録だわさ

スカルノハッタ国際空港でターミナル移動にタクシーを使ったらぼったくりだった

f:id:shidarui:20170523222949j:image

 ジャカルタ、スカルノハッタ国際空港に着いて、携帯SIMをチャージしようと構内のCENTRAL CELLULARに向かう。が、さっそくトラブル。手続きは完了しているがインターネットがつかえない。

 

店員さんがキャリアのTELKOM SELに問い合わせてくれている。

 

店員さんいわく三ヶ月利用しない使えなくなるらしい。私の場合はまだ二ヶ月のブランクだからまだ使えるはずだと。

 

しばらくして使えるようになったが、国内線のフライト時間まで1時間を切っている。いつもは、無料のシャトルバス(上のフロア発)を利用するのだが、時間が無かったのでタクシーを拾ったが、これが失敗。

 

ぼったくりでしたね、はい。

インドネシアはタクシーが安い(初乗り70円くらい)ので今回は200円もしない距離のはず、だが運転手は4000円近く請求してくる。

 

参ったね、そして時間がない。

さして、ぼったくりのくせになかなか引き下がらない、で、結局3000円近く払いました。

 

はぁ〜、悔しい。

スラバヤは、いい運転手が多いから油断してた。ジャカルタは違うのか?

 

おまけ

下はCENTRAL CELLULRの料金表。5Gのデータのみのチャージで1600円くらいだら、日本のMVNOよりすこし安い感じかな。

 f:id:shidarui:20170523222949j:image

 

おまけ2

スカルノハッタ国際空港のWIFIだが、以前は広告表示の後、誰でも接続できたが、いまはSMS認証が必要になってしまった。ローミングを利用するか、現地のSIMがないとSMSを受信できない。ちょっと不便になった。

f:id:shidarui:20170523222949p:image